iPhoneが水没したときの応急処置とは?

iPhoneが水没したときどのような応急処置を行えばよいのか? - iPhone水没時の応急処置はこんなにあった!応急処置の仕方を詳しく解説

更新情報

アーカイブ

iPhone修理店

iPhone修理

iPhone水没時の応急処置はこんなにあった!応急処置の仕方を詳しく解説

iPhoneは他のスマートフォンと違い、ストラップを付ける部分も無く、カバーを付けていても万一の時には落としやすいタイプだと言えます。
落とす場所にもよりますが、水分を含む場所や水没してしまうような場所に落としてしまった場合には、メンタル面でのショックも大きい事でしょう。
iPhone水没!となった場合には、焦りからいろいろな行動に出る方も居ると思いますが、応急処置としてどのような事をしなければならないのでしょうか。

iPhoneを水没させた場合に先ず取るべき行動とは

  1. 1.iPhone水没?!と思った時には既に水の中である事が多いのであるが、この場合に先ず取るべき行動は、焦らず落ち着き、iPhoneを救出し、電源を切ると言う事が第一の応急処置である。
    どのような水のある場所に落とすのかにもよるが、スリープボタンを長押しして電源を切らなければ、次なる行動も取れないのである。
  2. 2.カバーを付けている場合にはカバーを外し、iPhone本体の水分を丁寧にふき取る事である。
    ここは急いで対応したいところだ。
  3. 3.SIMカードを手早く抜き、ティッシュ等の柔らかな吸水性の高い布等にくるむ事である。
    この作業は若干ひと手間かかるような印象であるが、iPhone購入時に付属の取り出しツールを使えばすぐに取り出す事が出来る。
    SIMカードは小さく無くしやすいので、安全な場所で保管する事がおすすめだ。
  4. 4.接続部分はティッシュや綿棒で丁寧に拭き取る事だ。
    例えば、イヤホン端子やコネクタ部分である。
    中に入り込んだ水分を出来る限り吸い取る事で、最悪の事態を避ける事が出来る可能性が高まるのだ。
    綿棒も、先の部分を薄く伸ばせば広範囲を拭き取る事が出来るアイテムである。
    ただし、強く押し付けたりしないよう気を付ける事が大切になるだろう。
    iPhone水没時にどうにかして修理したいと思う時には、Applecare+(アップルケアプラス)やiPhone専門の修理店に出す事がほとんどだと思います。
    iPhone水没時の修理はどんな事をするのでしょうか。

内部の分解

先ず、専用の道具や機器を使って、iPhoneのふたを開け、iPhoneの内部を調査するのである。
この時にどの部分に水が入っているのか、水滴等が溜まっているのかを確認するのだ。

各パーツについて

iPhoneの内部に侵入した各パーツの水分を取り除く作業を行い、丁寧に水分を除去していく。
この作業は非常に重要な作業であり、怠ったり、手を抜いた場合には、電源を入れた場合にショートしたり、パーツの破損を起こす可能性があるのである。
iPhoneの内部は非常に精密な為、大変手間のかかる作業と言えるだろう。

腐食部分のチェックと除去作業

htrss
iPhone水没の後、電気が通る箇所が乾燥すると、その部分にごみや水分中の成分が溜まり、腐食が発生する事がある。
この腐食は、パーツの破損はもちろん、故障の最大の原因となる可能性が非常に高いので、必ずその部分のパーツを除去するのである。
水没した日から時間が経てば経つほど状態が悪化する事が考えられる為に、出来るだけ水没から早めに修理に出す事がポイントとなる。

乾燥と組み直し

目に見える水分を除去し、腐食を除去した後は、各パーツを乾燥させ、組み直す作業が待っている。
iPhoneの元の状態に組み直した後は、電源を入れ、動作環境を確認し、異常が無ければ修理は完了となるのだ。

データについて

場合によってはデータを取り出せない可能性が十分にあるのが、修理と言うものである。
その為、日頃から定期的にバックアップをとっておき、大切なデータはパソコンやその他のメディアに保管するようにしておきたいものだ。

iPhoneが水没!

iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」【http://mobilephoneprotector.jp/submergence】
水没修理 | iPhone修理の「モバプロ」

Copyright(C)2015iPhoneが水没したときの応急処置とは?All Rights Reserved.